2015年6月29日月曜日

Maya LT 2016 をお試し~♪

前バージョンだと【スプラインIKが使えない】とか無理やり制限を掛けてるみたいで好きになれなかったんですが、やっと2016から自分的に”事足りる”感じだったので早速トライしてみました。

はじめてHumanIKを使ってみましたが、簡単にリグが作れる事に驚き!
前腕にロール用のボーンを入れる事も楽チン♪
C4Dの「キャラクターツール」よりカスタマイズし易そうな感じ♪

そもそもなぜMayaLTを試しているかというと、オリジナルのキャラクターのモーションライブラリを作成する上で、Unityなど流行りのゲームエンジンにスムーズに渡せる事が魅力でした。
C4Dでもできるんですが、工数や、ボーン以外のアニメーションデータの受け渡しを考えると、ちょっと不安。。。
(C4DのPLAはUnityに持っていけないみたい)

あと私自身がC4Dを使い出す前までMayaを使っていたので、そんなに迷う事無くできるかな~と軽い気持ちです。(^皿^;)

試用期間終了まで弄り倒してみます。
ではでは~♪